【また人類が】ChatGPT-4oの新機能紹介【仕事奪われる】

プ(「プ」は半角カナ)

どうも、
「プ(「プ」は半角カナ)」です。
((「プ」は半角カナ)の部分は発音しなくて構いません)

突然ですが、あなたはChatGPT-4oを知っていますか?

最近のAI技術の進化って本当にすごいですよね。
昔から、人類はやがてAIに乗っ取られるかもしれないなんて噂をよく耳にしますが、
最近の技術の進歩を見ていると本当にそれが実現してしまうのではないかなんて思ってしまいます。

そんなAI業界ですが、今一番注目されているのが、
2024年5月13日OpenAIによってリリースされたChatGPT-4o(ChatGPT-4 omni)です。
今回は、そのChatGPT-4oの魅力的な新機能について紹介しようと思います。

テキストだけでなく写真や音声もおk

従来のChatGPTでは、やり取りの手段はテキストのみでしたが、
今回のChatGPT-4oはそれに加えて、写真や音声も扱えるようになりました。

例えば、神戸市の画像とともにこの場所の歴史や観光スポットを教えるように指示すると、
指示通りの答えを提示してくれます。

また、音声入力も可能になりました。
上の画像は実際に音声入力を使用したものなんですけど、きれいに認識されていることがわかります。
目の不自由な方にも優しい仕様ですね。

この機能のおかげで、検索の幅も広がりました。
例えば、美味しそうな料理の写真をアップすると、そのレシピやおすすめの食べ方を提案してくれます。
上の画像のように、美味しそうなハンバーグ寿司の画像を載せると、ちゃんとレシピを教えてくれます。

会話がもっと自然に


ChatGPT-4oは会話の流れをしっかり理解して、長時間のやりとりでも一貫した応答をしてくれます。
さらに、話し方やスタイルを自分好みにカスタマイズできる機能も追加されました。

例えば自分が小学四年生の女児だと仮定したうえで話を始めてみると、
小学生でも親しみやすい口調でお話ししてくれます。

最新の情報に対応

ChatGPT-4oは最新情報を素早く取り入れることができるので、常に新しい情報を提供してくれます。
これで、最新のニュースやトレンドについてもリアルタイムで知ることができます。

ネタバレにはなってしまうんですが、このブログもChatGPT-4oくんに頑張って書いてもらっています
ChatGPT-4oのリリースが5月13日なので、かなり最新の情報でも対応していることがわかりますね。

さらに、特定の分野における専門知識も強化されています。
例えば、医療、法律、エンジニアリングなどの専門的な情報も、詳しく正確に教えてくれます。
仕事柄、サイトのコーディングをよく行うんですけど、このChatGPT-4oにはとても助けられています。

いつもありがとう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

GPT-4oって奥が深いですね。

おすすめ記事

お問い合わせ

どうやったらできるか、どんなお困りごともいっしょに考えましょう。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら