【動画編集】カラー補正とグレーディングの違い

ケン

映像制作でよく使われる「カラー補正」と「カラーグレーディング」。この二つ、実はちょっと違うんです。今回は、わかりやすくその違いについてお話しします。

カラー補正とは?

カラー補正は、撮影した映像や写真の色を自然に見えるように調整する作業です。照明の影響で映像素材に色の違いが出てしまったとき時に調整します。これで、どんなデバイスで見ても一貫した色合いになります。

カラーグレーディングとは?

カラーグレーディングはクリエイティブな作業です。作品のテーマに合わせた雰囲気や感情を加えるために色を調整します。例えば、ホラー映画なら怖さを増すために青っぽくしたり、家庭的なドラマなら温かみのある色にしたりします。これで映像に深みや感動を表現することができます。

おすすめのソフト

私が普段使っているAdobe Premiere Pro は、プロフェッショナル向けのビデオ編集ソフトです。映像だけでなく、音声、テキスト、色なども簡単に編集できるツールやエフェクトがたくさん揃っています。基本的なカラー調整から高度なカラー調整まで対応していて、ホワイトバランスや肌の色調整も簡単に行えます。また、カラープリセットを使えば、複数の動画に統一感のあるカラー効果を一括で適用できます。手間がかからないのでおすすめです。

まとめ

カラー補正やグレーディングは質の高い映像制作をする上で必要不可欠です。ぜひ使ってみてください!

おすすめ記事

お問い合わせ

どうやったらできるか、どんなお困りごともいっしょに考えましょう。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら